略歴(プロフィール)

略歴(プロフィール)

北川  正恭(早稲田大学名誉教授、早稲田大学マニフェスト研究所顧問)

1944年生まれ。1967年早稲田大学第一商学部卒業。1972年三重県議会議員当選(3期連続)、1983年衆議院議員当選(4期連続)。1995年、三重県知事当選(2期連続)。「生活者起点」を掲げ、ゼロベースで事業を評価し、改革を進める「事業評価システム」や情報公開を積極的に進め、地方分権の旗手として活動。達成目標、手段、財源を住民に約束する「マニフェスト」を提言。2期務め、2003年4月に退任。2003年4月より早稲田大学政治経済学術院教授。2015年3月に退任。現在、早稲田大学名誉教授、早稲田大学マニフェスト研究所顧問。「新しい日本をつくる国民会議」(21世紀臨調)共同代表。2009年地域主権戦略会議構成員。2011年より相馬市復興会議顧問。2013年より長野県政策研究所チーフアドバイザー、新潟州構想検討推進会議顧問。


≪著書≫

『生活者起点の「行政革命」』

著者:北川正恭/出版:(鰍ャょうせい)

『マニフェスト革命〜自立した地方政府をつくるために〜』

著者:北川正恭/出版:(鰍ャょうせい:平成18年11月)

『マニフェスト進化論』

著書:北川正恭/出版:(生産性出版:平成19年1月)


≪ホームページ≫

北川正恭オフィシャルウェブサイト : http://www.office-kitagawa.jp

早稲田大学マニフェスト研究所 : http://www.maniken.jp/


▲ページの先頭へ戻る